センサIPコア

Sony Pregius Sub-LVDSおよびMIPI CSI-2イメージセンサー用IPコア

At a glance
  • イメージセンサーデータのパラレルデータ化とデコード
  • センサー操作設定ソフトウェアライブラリ
  • Xilinx FPGAに対応
  • 迅速な開発のためのリファレンスデザインが付属
 
IMX Pregius IP Core

Sony Pregius Sub-LVDSイメージセンサー用IPコア

 
MIPI CSI-2 Receiver IP Core

MIPI CSI-2イメージャ用IPコア

Sensor to Image製品
Sensor to Image製品


市場化時間の短縮

マシンビジョンカメラのサプライヤは、トランスポート層IPコアを使って市場化までの時間を短縮し、Sensor to Imageによって技術と標準の両方の進化に対応し続けることができます。
To stream images from the camera to the host, several modern standards of vision transport layers exist. The most powerful ones (GigE Vision, USB3, CoaXPress, ...) may however appear complex and evolving. Compressing months of development work, Sensor to Image’s IP Cores enable machine vision companies to build FPGA-based products following these standards, delivering the highest possible performance in a small footprint while minimizing development time.


IMX Pregius IPコアの説明

Sony製のIMX Pregiusは、広く使用されている高品質CMOSイメージセンサーのシリーズです。S2IのIMX Pregius IPコアはこれらのセンサーをサポートしており、データの読み取りや制御を行えます。S2IのMVDKおよび標準FPGA評価キットと互換性のあるFMCモジュールとともに、リファレンスデザインとして提供されています。これを使うことにより、カメラを簡単に設計することが可能です。


MIPI CSI-2 IPコアの説明

MIPI CSI-2は、現在最も普及しているカメラセンサーインターフェイスの1つです。そのうち多くの分野では、高度な画像の前処理やホストシステムへの転送増加のために、FPGAとの接続が必要とされています。Sensor to ImageのMIPI CSI-2レシーバIPコアは、Xilinx FPGAのCSI-2センサーから送られるビデオストリームをデコードするためのソリューションを提供します。 それには、MIPI D-PHY物理インターフェイスを実装するXilinxのコンパニオンIPコアが使用されます。D-PHYレシーバは、PHYプロトコルインターフェイス(PPI)を使用してCSI-2センサーに接続されます。 MIPI CSI-2レシーバIPコアには、Sensor to ImageのMVDKおよびIMX274 MIPI FMCモジュールを含む実用的なワーキングリファレンスデザインが付属しており、開発時間の短縮に役立ちます。


比較する製品をコラムで選択し、比較してください
製品の違いは青色で強調表示されています。
 
製品を選択してください
製品を選択してください