IMX Pregius IP Core

Sony Pregius Sub-LVDSイメージセンサー用IPコア

概要
  • センサー画像出力のSub-LVDS読み出しとその復号ブロック
  • SPIベースのセンサー操作設定モジュール
  • センサー操作設定ソフトウェアライブラリ
  • フリーランニングまたはトリガ読み出しモード対応

比較 販売店


Sensor to Image製品
Sensor to Image製品


トリガジェネレータ

IMXセンサは、フリーランニングモードまたはスレーブモードがあり、どちらもコアのタイミングおよびトリガジェネレータを使用して駆動できます。SPIベースのセンサ制御インタフェースは、要求タイミングに対応しセンサの操作を可能にしています。


IMX Pregius IPコアの説明

Sony製のIMX Pregiusは、広く使用されている高品質CMOSイメージセンサーのシリーズです。S2IのIMX Pregius IPコアはこれらのセンサーをサポートしており、データの読み取りや制御を行えます。S2IのMVDKおよび標準FPGA評価キットと互換性のあるFMCモジュールとともに、リファレンスデザインとして提供されています。これを使うことにより、カメラを簡単に設計することが可能です。


制御レジスタ

IPコアの機能は、コンパイル時のパラメータ、または実行時にAXI-Liteインタフェースを使用する制御レジスタによってコントロールします。Cソフトウェアライブラリは、センサとIPコアをコントロールします。


SubLVDSレシーバとデシリアライザ

SubLVDSレシーバとデシリアライザブロックはセンサーの出力ピンと接続し、FPGA IOセルを使用してイメージストリームをパラレルデータ化します。このブロックはFPGAに大きく依存しており、現在はザイリンクスFPGAに限定されています。パラレルビデオストリームはクロッピングすることができ、さらなる処理のためにカメラリンクのようなフォーマットで供給されます。


付属品

IPコアには、センサと標準FPGA評価ボードとの間のインタフェースを形成するFMC(FPGAメザニンカード)を含むリファレンスデザインを提供します。FMCモジュールはFMC-LPCに準拠しており、IMX CMOSセンサーが必要とするすべての電力と電位の調整を行います。