eGrabber Gigelink

GigE Vision画像取り込みライブラリ

概要
  • eGrabber内でのGigE Visionカメラからの画像取り込み
  • すべてのGigE Visionカメラとの互換性を持つ高汎用性
  • ハードウェアに非依存
  • Windows x86_64(64ビット)プラットフォーム対応



比較 販売店


説明
説明

Gigelinkは、ハードウェアに関係なく、GigE Visionカメラに汎用アクセスを提供するeGrabberのオプションのライブラリです。Gigelinkを使えば、CoaXPressカメラ(Coaxlinkカードを使用)やCoaxlinkカード(Grablink Duoを使用)と同様に、eGrabberのコンセプト、オブジェクト、および関数呼び出しを使用して、GigE Visionカメラから画像を取り込めるようになります。GigelinkはGenICamだけではなく、eGrabber Studioアプリケーションにも対応しています。


eGrabber Studioで最適に動作
eGrabber Studioで最適に動作

また、同じエコシステムで提供されるeGrabber Studioは、eGrabber の評価・デモアプリケーションです。画像の取り込みテスト、カメラとフレームグラバーのパラメーター(GenAPI機能)のチェックと構成、およびハードディスクへの取り込み動画の録画を実行する機能が備わっています。ライブヒストグラム、プロファイル、およびピクセルの情報を表示することも可能です。


すべてのGigE Visionカメラとの互換性を持つ高汎用性
すべてのGigE Visionカメラとの互換性を持つ高汎用性


Open eVisionへのブリッジ接続
Open eVisionへのブリッジ接続

eGrabber内で取得された画像は、EGrabberBridgeクラスにより、Open eVision画像処理ライブラリを使ってシームレスに処理できます。
Open eVisionには、一連の画像解析ライブラリとソフトが揃っており、文字・コードの読み取り、マッチングと測定、3D処理とディープラーニング検査を行うことができます。eGrabber Bridgeは、カメラとのスムーズな連結を保証することで(ハンドシェイクとデータフォーマット)、これらのライブラリへのアクセスを提供しています。


eGrabber: GigE Vision、CoaXPress、およびCamera Linkカメラに1つのAPIで対応
eGrabber: GigE Vision、CoaXPress、およびCamera Linkカメラに1つのAPIで対応

eGrabber Gigelinkは、オプションとして提供される新しいeGrabberのアドオン製品です。ハードウェアに依存することなく、GigE Visionカメラへの汎用アクセスを提供します。eGrabber Gigelinkでは、専用のカメラドライバーを使用せずに、複数のブランドのGigE Visionカメラを同一のアプリケーション内に円滑に統合することが可能です。またeGrabberにおいては、プログラマーは同じ概念、オブジェクト、および関数呼び出しを使用して、ブランドを問われることなく、あらゆるGigE Visionカメラ、CoaXPressカメラ、およびCamera Linkカメラから画像を取り込むことができます。


Neoライセンスシステム対応
Neoライセンスシステム対応


Software
Host PC Operating System Microsoft Windows 11, 10, 8.1, 7 for x86-64 (64-bit) processor architecture
Ordering Information
Product code - Description
Optional accessories