EasyObject

ブロブ分析ライブラリ

概要
  • つながったオブジェクトのグレースケールに基づいた画像分離
  • オブジェクトラベリング
  • 幾何学的特徴抽出
  • フレキシブルマスク
  • 特に大きな画像や多数のオブジェクトを含む画像に対する高いパフォーマンス

比較 販売店


<a target="_blank" href="https://www.euresys.com/Products/Machine-Vision-Software/Open-eVision-Studio/Open-eVision-Studio" >Open eVision Studio</a>: 評価、プロトタイピング、および開発ツール
Open eVision Studio: 評価、プロトタイピング、および開発ツール

Open eVision Studio は Open eVision の評価、プロトタイピング、および開発用ツールです。直観的なグラフィカルユーザーインターフェイスによって任意の eVision 関数を呼び出し、すぐにその結果を見ることができます。対応するコードがスクリプト関数によって生成されるため、それをコピーしてアプリケーションに貼り付けることができます。 Open eVision Studio は無料 (Open eVision 2.0 以降) で、ダウンロードして Open eVision のパフォーマンスを 評価できます。


機能
機能

  • 画像エンコーディング:
    • ランの構築:グレースケール単閾値、グレースケール2重閾値、カラー単閾値、カラー範囲閾値、参照画像、画像範囲、ラベル付けされた画像または2値画像を使用した分類
    • ピクセル合算
    • オブジェクト作成:ランをオブジェクトへ合算
    • ホール作成:ランをホールへ合算
    • ラインスキャンカメラを用いたWeb検査アプリケーションの継続モード
  • オブジェクトの特徴抽出(幾何学パラメータ演算)
  • どのような特徴値でもオブジェクトを選択、分類


最も適したライセンシングシステムを選択してください
最も適したライセンシングシステムを選択してください

  • Open eVisionドングルベースライセンス:ドングルベースライセンスは、1台のPCから別のPCに転送できる柔軟性を提供します。ドングルベースのライセンスを購入するには、Euresysドングル (USBまたはパラレル) のいずれかと、このドングルに保存する希望のライセンスを選択してください。ライセンスはアクティベーションコードとして提供され、ドングルに保存されます。
  • Open eVisionソフトウェアベースライセンス:ソフトウェアベースライセンスはドングルを必要とせず、それを起動する際に使用されたPCにリンクされます。ライセンスはアクティベーションコードとして提供され、オンライン管理が可能です。


EasyObjectの説明
EasyObjectの説明

EasyObjectライブラリは、画像分離、つまり画像を分解し、ブロブと呼ばれる個別のオブジェクトに分離します。 このオブジェクトが作成されると、独立した対象として扱うことが可能です。エリア、幅や慣性楕円などのさまざまな幾何学的パラメーターや特徴は、オブジェクトごとに計算できます。 オブジェクトはそれぞれの位置や自動計算の結果によって選択することができます。 EasyObjectではまた定義したオブジェクトのホール検査を実施できます。ホールはそれ自体オブジェクトとして管理され、同一の幾何学的特徴をご利用いただけます。EasyObjectは、ホールの親オブジェクトを定義してオブジェクトとホールの関係を管理します。


オブジェクト/ブロブ機能を使用可能
オブジェクト/ブロブ機能を使用可能

  • 位置:限界(上、下、左、右)、重心(X、Y)、重み付き重心(X、Y)
  • 範囲:面積(ピクセル数)、フェレットボックス(中心 X と Y、22、45、68度の異なった角度方向の高さと幅)、有界ボックス(中心 X と Y、高さ、幅)、最小囲み長方形(角度、中心 X と Y、高さ、幅)
  • オブジェクト輪郭の始点(X、Y)
  • 最長のラン
  • ランのカウント
  • オブジェクト数(インデックス)
  • 統計:ピクセルグレーレベル値(平均、偏差、分散、最小、最大)
  • 慣性楕円:慣性楕円の離心率、楕円、2次幾何学モメント
  • 凸包


フレキシブルマスク
フレキシブルマスク

EasyObjectは、エンコーディング機能から利用できるフレキシブルマスクにより、画像の複雑な形状や非接続な形状の領域へのブロブ分析の制限をサポートしています。EasyImageではエンコードされた画像からフレキシブルマスクを生成することも可能です。


グラフィック表現
グラフィック表現

ソース画像の上にオブジェクトを配置することができます。以下のブロブの特徴にはプリセットのグラフィック表現があります:

  • オブジェクト
  • 対角線
  • 有界ボックス
  • 凸包
  • 楕円
  • フェレットボックス
  • 角度が22°のフェレットボックス
  • 角度が45°のフェレットボックス
  • 角度が68°のフェレットボックス
  • 重心
  • 最小囲み長方形
  • 重み付き重心


Software
Host PC Operating System
  • Open eVision is a set of 32-bit and 64-bit libraries that require a processor compatible with the SSE2 instruction set.
  • Deep Learning Bundle is only available in the 64-bit Open eVision library.
  • Open eVision can be used on the following operating systems:
    • Windows 10 (32- and 64-bits)
    • Windows 8 (32- and 64-bits)
    • Windows 7 (32- and 64-bits)
  • Since Open eVision 2.6, discontinued support of:
    • Windows Vista 32-bits Service Pack 1
    • Windows XP 32-bits Service Pack 3
    • Windows Embedded Standard 2009 32-bits
  • The Open eVision installer does not allow installation on virtual machines.
  • Minimum requirements:
    • RAM: 8 GB
    • Display size: 800 x 600. 1280 x 1024 recommended.
    • Color depth: 16 bits. 32 bits recommended.
    • Between 100 MB and 2 GB free hard disk space for libraries, depending on selected options.
APIs
  • Supported Integrated Development Environments and Programming Languages:
    • Microsoft Visual Studio .NET 2003 SP1 (C++)
    • Microsoft Visual Studio 2005 SP1 (C++, C#, VB .NET, C++/CLI)
    • Microsoft Visual Studio 2008 SP1 (C++, C#, VB .NET, C++/CLI)
    • Microsoft Visual Studio 2010 (C++, C#, VB .NET, C++/CLI)
    • Microsoft Visual Studio 2012 (C++, C#, VB .NET, C++/CLI)
    • Microsoft Visual Studio 2013 (C++, C#, VB .NET, C++/CLI)
    • Microsoft Visual Studio 2015 (C++, C#, VB .NET, C++/CLI)
    • Microsoft Visual Studio 2017 (C++, C#, VB .NET, C++/CLI)
  • Since Open eVision 2.6, discontinued support of:
    • Microsoft Visual Studio 6.0 SP6 (C++, Basic)
    • Borland C++ Builder 6.0 update 4 (C++)
    • CodeGear C++ Builder 2009 (C++)
    • CodeGear Delphi 2009 (Object Pascal)
    • Embarcadero RAD Studio XE4 (C++, Object Pascal)
    • Embarcadero RAD Studio XE5 (C++, Object Pascal)
Ordering Information
Product code - Description
Optional accessories
Presence Check

プレゼンス/アブセンス・チェック

EasyImageのグレースケール解析機能は、簡単なプレゼンス/アブセンス・チェックに使用されます
Surface

表面解析

EasyImageは表面の欠陥を明らかにするために使用され、EasyObjectのブロブ解析機能はそれらの欠陥を分けて測定することができます。
Object Location

ピックアンドプレースユニット向けオブジェクトポジショニング