EasyOCV

光学文字確認ライブラリ

概要
  • 自動トレーニングを含む包括的な文字確認
  • グレースケール解析
  • テキストおよび文字レベル検査
  • コントラスト、位置および形状の欠陥検出

比較 販売店


<a target="_blank" href="https://www.euresys.com/Products/Machine-Vision-Software/Open-eVision-Studio/Open-eVision-Studio" >Open eVision Studio</a>: 評価、プロトタイピング、および開発ツール
Open eVision Studio: 評価、プロトタイピング、および開発ツール

Open eVision Studio は Open eVision の評価、プロトタイピング、および開発用ツールです。直観的なグラフィカルユーザーインターフェイスによって任意の eVision 関数を呼び出し、すぐにその結果を見ることができます。対応するコードがスクリプト関数によって生成されるため、それをコピーしてアプリケーションに貼り付けることができます。 Open eVision Studio は無料 (Open eVision 2.0 以降) で、ダウンロードして Open eVision のパフォーマンスを 評価できます。


検査
検査

テンプレートモデルが得られると検査可能となります。EasyOCVでは、まず画像でマークを検出することで、それを平行移動、回転、倍率変更、さらにはテンプレートに合わせて刈り込むことができるようにします。位置検出の後に、グレーレベルおよび幾何学的な比較が行われて、品質指標と呼ばれる少数のマッチングスコアが計算されます。これらが所定の受け入れ範囲に入らないと、欠陥警告が生成されます。


EasyOCVの説明
EasyOCVの説明

EasyOCVはマーク検査用の光学文字確認ツールです。モデルの自動トレーニング、アクセプタンスレベルの調整、安定したグレースケール解析をご利用いただけます。EasyOCVはあらゆるマーク検査、ラベル印刷の確認アプリケーションに最適です。にじみ、ズレ、変形、文字の重なり、インク不足やインク過多、文字欠落やマークの反転、コントラストの問題などに至るまで検出できます。


最も適したライセンシングシステムを選択してください
最も適したライセンシングシステムを選択してください

  • Open eVisionドングルベースライセンス:ドングルベースライセンスは、1台のPCから別のPCに転送できる柔軟性を提供します。ドングルベースのライセンスを購入するには、Euresysドングル (USBまたはパラレル) のいずれかと、このドングルに保存する希望のライセンスを選択してください。ライセンスはアクティベーションコードとして提供され、ドングルに保存されます。
  • Open eVisionソフトウェアベースライセンス:ソフトウェアベースライセンスはドングルを必要とせず、それを起動する際に使用されたPCにリンクされます。ライセンスはアクティベーションコードとして提供され、オンライン管理が可能です。


トレーニング
トレーニング

EasyOCVでは特定のマークに対して、最初に学習が必要です。このフェーズを通して高品質のテンプレート (金色のテンプレート) がシステムに提示されます。対話型ユーティリティによってテンプレートの構造が把握され、許容基準が細部に渡って定義されます。このテンプレートは後で使用するために保存することができます。 EasyOCVでは、複数の高品質テンプレートを使用することができ、許容基準の定義に役立てることができます。


Software
Host PC Operating System
  • Open eVision is a set of 32-bit and 64-bit libraries that require a processor compatible with the SSE2 instruction set.
  • Deep Learning Bundle is only available in the 64-bit Open eVision library.
  • Open eVision can be used on the following operating systems:
    • Windows 10 (32- and 64-bits)
    • Windows 8 (32- and 64-bits)
    • Windows 7 (32- and 64-bits)
  • Since Open eVision 2.6, discontinued support of:
    • Windows Vista 32-bits Service Pack 1
    • Windows XP 32-bits Service Pack 3
    • Windows Embedded Standard 2009 32-bits
  • The Open eVision installer does not allow installation on virtual machines.
  • Minimum requirements:
    • RAM: 8 GB
    • Display size: 800 x 600. 1280 x 1024 recommended.
    • Color depth: 16 bits. 32 bits recommended.
    • Between 100 MB and 2 GB free hard disk space for libraries, depending on selected options.
APIs
  • Supported Integrated Development Environments and Programming Languages:
    • Microsoft Visual Studio .NET 2003 SP1 (C++)
    • Microsoft Visual Studio 2005 SP1 (C++, C#, VB .NET, C++/CLI)
    • Microsoft Visual Studio 2008 SP1 (C++, C#, VB .NET, C++/CLI)
    • Microsoft Visual Studio 2010 (C++, C#, VB .NET, C++/CLI)
    • Microsoft Visual Studio 2012 (C++, C#, VB .NET, C++/CLI)
    • Microsoft Visual Studio 2013 (C++, C#, VB .NET, C++/CLI)
    • Microsoft Visual Studio 2015 (C++, C#, VB .NET, C++/CLI)
    • Microsoft Visual Studio 2017 (C++, C#, VB .NET, C++/CLI)
  • Since Open eVision 2.6, discontinued support of:
    • Microsoft Visual Studio 6.0 SP6 (C++, Basic)
    • Borland C++ Builder 6.0 update 4 (C++)
    • CodeGear C++ Builder 2009 (C++)
    • CodeGear Delphi 2009 (Object Pascal)
    • Embarcadero RAD Studio XE4 (C++, Object Pascal)
    • Embarcadero RAD Studio XE5 (C++, Object Pascal)
Ordering Information
Product code - Description
Optional accessories