CoaXPress IP Core

FPGA用CoaXPress IPコア

概要
  • Xilinx 7シリーズ (およびそれ以降) およびIntel/Altera Cyclone Vデバイス (およびそれ以降) 対応
  • コンパクト、カスタマイズ可能
  • 1Gb/sから40Gb/sを超える速度サポート
  • 実用的なリファレンスデザインが付属



比較 販売店


Sensor to Image製品
Sensor to Image製品


トップレベルデザイン

IPコアの最初のコンポーネントは、トップレベルデザインです。これが、外部ハードウェア(イメージャ、センサー、CXP PHY)とFPGA内部データ処理装置間のインターフェースとなります。このモジュールはVHDLソースコードとして提供されますので、カスタムハードウェアに合わせてユーザーが変更できます。


CoaXPress制御インターフェイス

CXP制御インターフェイスは、CXP制御チャンネルおよびCXP PHYから/へ送られる全データを送受信し、CXP仕様に従って制御チャネルを実装します。


CoaXPress用のMVDKマシンビジョン開発キット
CoaXPress用のMVDKマシンビジョン開発キット

Sensor to Image MVDK開発キットは、マシンビジョンアプリケーション用のフレキシブルな評価プラットフォームです。IntelおよびXilinx FPGAを使用した多様なEnclustra FPGAモジュールのためのCoaXPressホストやデバイスのリファレンスデザインに対応しています。


CoaXPress IPコアの説明

CoaXPressは、広く使用されている同軸ケーブルを使用したビジョンアプリケーション用の標準通信プロトコルです。このプロトコルはカメラとフレームグラバーの接続を容易にするもので、標準のGenICamソフトウェアをサポートしています。Sensor to Image CoaXPressインターフェースはFPGAベースの製品を構築するための一連のIPコアと開発フレームワークを提供します。CXPの速度により、送信側および受信側ではCXPコアをFPGAベースで高速に実装する必要があり、できればエンベデッドトランシーバを使用することが推奨されます。CXPコアはXilinx 7シリーズ デバイス (およびそれ以上) およびIntel/Altera Cyclone Vデバイス (およびそれ以上) と互換性があります。


動画取り込みモジュール

リファレンスデザインのビデオ取り込みモジュールは、テストパターンジェネレータを備えたカメラをシミュレートします。このモジュールはVHDLソースコードとして提供され、ユーザーがセンサーインターフェースとカメラデザインのピクセル処理ロジックに置き換えるようになっています。


FPGA内蔵CPU

FPGA内蔵CPU (MicroBlaze、NIOS、ARM)は、CXPレシーバまたはトランスミッタコアでの非タイムクリティカルな制御およびコンフィギュレーションタスクに使用されます。このソフトウェアはC言語で書かれており、顧客が拡張することができます


実用的なリファレンスデザイン

S2IのCXP FPGAソリューションは、FPGA IPコアとともに実用的なリファレンスデザインとして提供されます。これにより、開発時間を最小限に抑え、わずかなフットプリントで最高のパフォーマンスを実現しながら、設計をカスタマイズするための十分な柔軟性が確保されます。Sensor to imageのコアはユーザのアプリケーションに必要なスペースをFPGAに確保できるようコンパクトに作られています。


CoaXPressストリーミングインターフェイス

CXPストリーミングインターフェイスは、ビデオセンサーからCXP PHYに出力される全データを受信します。CXP仕様に応じて、ストリーミングチャンネルで最高速度に達します。


カスタムコンフィギュレーション

デザインの一部はコンパイルされたファイル(たとえばCXPコントロールプロトコルライブラリなど)で、他の部分はソースコードとなります。デザインフレームワークには、必要なデザインファイルとコア、VivadoまたはQuartusプロジェクトファイルがすべて付属しています。オプションのCMOSイメージャを備えたCXPカメラシステム、または組み込みCXPホスト(レシーバ)として構成されています。このシステムは、リファレンスデザインおよび評価ボードとして使用されます。リファレンスデザインはXilinxまたはIntel/Alteraの開発ツールを使用します(別途FPGAベンダーよりお買い求めください)