概要

  • Mementoはカメラ、フレームグラバー、そのドライバ、およびアプリケーションに関連したイベントの正確なログを記録します
  • システム、デバッグ、プロファイリングのセットアップをサポート
  • 非侵入的な低い CPU使用率
  • コンピュータのすべてのCoaxlinkカードで作動
  • タイムスタンプしたイベントの正確なタイムラインとコンテキスト情報を提供
  • 新機能: ロジックアナライザービュー

MEMENTOとは?

視覚を利用したハイエンド検査機器では、フレームグラバーが、カメラ本体はもちろんのこと、動体検知や照明制御など各種外部機器と同期して画像を取得する役割を果たしています。こうしたシステムのデバッグには、往々にして、ソフトウェアプロファイルと併用されるオシロスコープやロジックアナライザーなどの複雑な機器が必要とされることがあります。1秒間のフレームレートが数百ないし数千となる最新型カメラでは、こうした問題はますます複雑化することになります。Memento は、そのプロセスを簡素化するように設計されています。動作中、Memento は、カメラ、フレームグラバーとそのドライバー、およびホストアプリケーションに関連したイベントすべての精細なログを記録します。

memento_Screenshot_Aug19-(002)okok.png

Mementoの仕組みは?

ドライバー機能通話、コールバック、フレームグラバーが受信したトリガー、照明コントローラーに送信されたストロボ信号、カメラコントロール信号などのイベントは、すべて、正確な時間スタンプや詳しいコンテキスト情報と一緒に記録されます。Memento Event Viewer は、記録後に、関連時間スタンプや有益なコンテキスト情報と一緒に、こうしたイベントのリストを表示することができます。

タイムラインなどのイベントの概要がグラフィック形式で利用できます。種々の冗長レベルが選択できます。リストに表示されたイベントは、フィルター処理や強調表示や検索が行なえます。

Mementoは、アプリケーション開発、デバッグ、およびシステム動作中の支援を行います。Memento は、開発者が機器の動作を把握し、トリガーや画像の消失などの問題の原因をピンポイントで指摘できるように、支援します。また、Memento は機器の動作中にも活用できます。

MEMENTOの利点

バックグラウンドで動作してログを保存するので、機器の故障の際にサポートチームに保存されたログを送信することができます。Memento は、カードのドライバー内に実装されたソフトウェアリソースと、カード本体のハードウェアリソースを利用して動作します。Memento は、きわめて効率よく動作するよう設計されています。必要な CPU の負荷は極めて小さいため、非侵入的 に動作します。新しく搭載されたロジックアナライザービューは、システムイベント (トリガー、ストロボ、DMA など) をタイミングダイアグラムビューに表示します。このビューでは、バッファキューの使用率やアプリケーションに取り込まれた画像が解析されます。

ここには入力するプロトコルデータ (CoaXPress など) の詳細情報が表示されます。Memento イベントログ記録システムでは新しい Coaxlink カードと Grablink カードが使用できます。
 

MEMENTOアナライザ

Mementoイベントロギングシステムにはロジックアナライザツールが含まれており、レーテンシの測定、取り込み時の欠陥検出、およびシーケンスと時間に関する詳細情報の受信を行えます。 

 

MEMENTOとの互換性のあるEURESYS製品